鉄とタンパク、ビタミン不足が招く心の不調
検査結果は分子栄養でその要因を分析

鉄とタンパク質、ビタミン不足が招く心の不調
精神症状(うつ、パニック障害・ADHD)の要因ついて

心の不調として、うつやパニック障害は全国でおよそ500万人にもなります。このうち高い割合で女性が占めている様です。
しかも、医療が発達していると言われる日本では、その数は年々増えています。
これには鉄欠乏と栄養素不足に関係があると考えられています。
鉄不足が要因となる貧血は、女性に多く見られます。また貧血に至らない鉄が足りない状態の潜在性鉄欠乏症は、日本人女性の半数にもなります。

それは女性特有の生理機能が関係しています。
もう一つは重要な栄養素に関わる食の変化です。



 
 

身体や心の不調はまず鉄とタンパク質不足を疑い、それにはフェリチン検査が有効です

新『自宅でフェリチン検査!』キット
一般価格9,336円(税込・送料無料)

発売開始キャンペーン500円引き
会員価格8,730円 → 8,230円(税込・送料無料)!


結果は、分子栄養カウンセラーが、個人々々の栄養素不足を一次分析付

管理医療機器 承認番号:22900BZX00300000

女性に多い鉄欠乏や貧血

リ・スタート貧血ナビ

うつやパニック障害と女性の鉄欠乏との関係について、また体の中で何が起きているのか詳しく見ていきましょう。

体の中の鉄が足りなくなると貧血になることは広く知られています。貧血は女性に多いのも統計的に出ています。
貧血とは鉄不足の最終病態で、実はそれ以前に多くの女性で鉄不足は徐々に起きています。鉄不足がひどくなると貧血判定となります。

何故女性に多いのでしょう?

貧血には幾つかの種別があります。鉄欠乏性貧血は貧血の8割を占め、字のごとく鉄が足らないために、酸素を全身に運ぶ赤血球の中のヘモグロビンが作られず、その結果酸素が正常に供給出来なくなる極めて深刻な疾患です。
 
ヘモグロビンとは赤血球にあるタンパク質です。中に鉄を入れて酸素を運びます。
 赤血球の代謝は120日で、その周期で壊して作り直します。
 赤血球の数は25兆個です。そのため体の中では毎日2,000億個もの赤血球を壊しては作り代える代謝が起きています。

壊した赤血球の鉄はリサイクルされますが、女性の場合は毎月生理で血液を失うため、全体の鉄は減り続けます。
減った鉄は本来は食事などで鉄補給をしますが、追いつかない場合は鉄が足りなくなり、赤血球が作られなくなると貧血につながります。
 
また、妊娠や授乳によっても多量の鉄分は失われ、月経過多の女性は特に注意が必要です。
 
鉄を失っているにもかかわらず、女性は男性に比べて鉄分が多い動物性蛋白の摂取量が少く、また現代の食事は鉄摂取量はものすごく少なく、鉄の供給が追いつきません。
特に肉を避ける偏食、ベジタリアンや、無理なダイエットは鉄不足真っしぐらです。
 
女性が鉄欠乏になりやすく貧血を引き起こす可能性が高い理由です。
 
なお赤血球を作るには、鉄の他にビタミンB12や葉酸も必要です。酒飲みは葉酸を浪費しますので要注意です。
 
 

鉄欠乏を放置すると起こりえる不調・精神症状(うつ、パニック障害・ADHD・認知症など)

リ・スタート貧血ナビ

鉄は全ての生命体にとって極めて重要な存在です。 鉄無しでは種の存続や生命維持も出来ません。
 
鉄は、遺伝子情報のDNA合成、エネルギー物質生成、脳神経細胞形成、脳神経伝達物質生成、骨・皮膚・粘膜の素であるコラーゲン生成、抗酸化物質の一つであるカタラーゼ生成など、多岐にわたりに必要です。

特に鉄を絶対必要とするのは、生後6ヶ月後〜第二次性徴の児童、並びに女性は妊娠前の女性と妊婦です。

ではなぜ必要かを科学的な観点から探ってみます。 鬱・パニック障害・発達障害など精神症状の正体とは?

鉄が関与する代謝で心に関係するのは、脳神経細胞形成と脳神経伝達物質、並びに脳細胞の中で作るエネルギー物質生成です。

何らかのストレスを感じた時に、防御対策として身体はアドレナリンを出し体を緊張状態にしますが、そのストレスに対抗するためにドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン、GABAなど脳神経伝達物質と呼ばれる物質を瞬間的に脳内で生成し、ストレスに対抗してバランスをとります。

この時に鉄やたんぱく質、ビタミンB群(葉酸、ナイアシン、VB6)などが足りないとこれらの物質は出来ません。
そのために、不安症状が続いたり、塞ぎ込みや気持ちの集中が出来なくなり、心の不調として表面化します。

 

 

その他の基礎代謝で鉄が不足すると、起こりやすい症状

・疲れやすい ・身体がだるい
・顔色が悪い
・運動するのがきつい ・動悸や息切れ ・食欲が減る ・気分が落ち込む ・イライラしやすい ・急に不安になる ・頭がぼーっとして集中できない   鉄欠乏が原因となる貧血は徐々に進行するため、自覚症状がないケースもあり、注意が必要です。

また、鉄欠乏が悪化すると爪がもろくなったり、嚥下障害や記憶力低下を引き起こしたりすることもあると言われています。

脳の中で必要な鉄代謝が減ると、うつやパニック障害などの心の症状やADHD、認知症など深刻な神経症を引き起こすおそれもあります。

鉄欠乏と貧血は、女性にとって身近な病気のひとつです。
我慢できる症状だからと軽く考えるのではなく、鉄欠乏を放置することのリスク(うつ、パニック障害・ADHD・認知症など)についても知っておきましょう。

また本人のみならず赤ちゃんへも恒久的で深刻な影響が出る可能性があることは心にとめてください。

少しでも心身の不調を感じた場合や予防のやめには、鉄欠乏の検査をご検討ください。

 
 

新『自宅でフェリチン検査!』キット
一般価格9,336円(税込・送料無料)

発売開始キャンペーン500円引き
会員価格8,730円 → 8,230円(税込・送料無料)!


結果は、分子栄養カウンセラーが、個人々々の栄養素不足を一次分析付

管理医療機器 承認番号:22900BZX00300000

鉄欠乏の検査ならリ・スタート貧血・鉄欠乏ナビへ

なぜ貧血は女性に多いのか、また貧血を放置しておくことのリスクについてご紹介しました。

鉄欠乏と貧血は、鉄不足によって引き起こされる身近な症状です。鉄欠乏の検査をお考えの方は、リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビが提供している鉄欠乏推定検査キットをご利用ください。自己採血型血液検査キットは、血清フェリチン・血清鉄・ヘモグロビンを同時に検査することができ、鉄欠乏の推定が可能です。鉄欠乏血は心と身体の健康に大きな影響を与えます。鉄欠乏の状態を検査・推定し、健康管理や予防にお役立てください。
 
 
キット・健康相談問い合わせはこちらから

その他の基礎代謝で鉄が不足すると、起こりやすい症状

・疲れやすい ・身体がだるい
・顔色が悪い
・運動するのがきつい ・動悸や息切れ ・食欲が減る ・気分が落ち込む ・イライラしやすい ・急に不安になる ・頭がぼーっとして集中できない   鉄欠乏が原因となる貧血は徐々に進行するため、自覚症状がないケースもあり、注意が必要です。

また、鉄欠乏が悪化すると爪がもろくなったり、嚥下障害や記憶力低下を引き起こしたりすることもあると言われています。

脳の中で必要な鉄代謝が減ると、うつやパニック障害などの心の症状やADHD、認知症など深刻な神経症を引き起こすおそれもあります。

鉄欠乏と貧血は、女性にとって身近な病気のひとつです。
我慢できる症状だからと軽く考えるのではなく、鉄欠乏を放置することのリスク(うつ、パニック障害・ADHD・認知症など)についても知っておきましょう。

また本人のみならず赤ちゃんへも恒久的で深刻な影響が出る可能性があることは心にとめてください。

少しでも心身の不調を感じた場合や予防のやめには、鉄欠乏の検査をご検討ください。

 
 

新『自宅でフェリチン検査!』キット
一般価格9,336円(税込・送料無料)

発売開始キャンペーン500円引き
会員価格8,730円 → 8,230円(税込・送料無料)!


結果は、分子栄養カウンセラーが、個人々々の栄養素不足を一次分析付

管理医療機器 承認番号:22900BZX00300000

コラム一覧