検査結果から健康状態を分析

分子栄養学で結果を見ます

その他栄養素推定
鉄欠乏に関する様々な症状改善に必要な栄養素ついても検査結果から読み解くことが出来ます

一般的な自己採血キットの結果は、数値からレーダーチャートなどで、予めパターン化されたコメントや推奨が多いかと思われます。 この場合、検査結果からの健康課題の基準は、その検査所での基準値が参考となることがほとんどです。 実はこの基準値には要注意です。   特にフェリチンは、数値によっては基準値に入っているからと言って安心はできません。 基準値とは統計値であって、正常値を表すものではないからです。 また基準値越えや高いと心配で、低い方は良いとされがちですが、項目によってはそうとは言い切れません。 つまり数値だけでは健康状態の把握は困難です。それは同じ数字でも個人個人で年齢、性別、身体条件、健康状態や栄養状態が異なるからです。   例えば病院では患者の検査結果に加え問診を通して診察を行います。 同様に、キット利用の血液検査結果の分析においても、双方向のコミュニケーションを通して多角的な健康課題への分析が求められます。   弊社では分子栄養を実践しております国家資格を持つ医療従事者が、検査結果と健康質問票から、栄養と健康状態の一次分析を行い結果と共に返します。

また結果に不安や質問がある、さらに自分の健康状態をインタラクティブな通信で知りたい場合、分子栄養カウンセラーが、疑問や課題への相談を提供するのです。

この場合、まずはお手軽に相談が可能な健康相談-Liteをご検討ください。
  健康相談には下記の種類がります。 ① リ・スタートのキットご利用時の健康相談※1       お手軽に試しができますLiteを用意しました。 ② 医療機関での血液検査結果での健康相談※2     一般の病院などでの血液検査結果からの健康相談です。   ※1 血液検査結果が溶血検出での参考値や、判定不能などの場合は提供できないことがあります。不安な場合はお問い合わせください。 ※2 直近に行った、血清フェリチンに加え、血清鉄、ヘモグロビン等赤血球ならびに一般の生化学検査結果が必要です。なお他社キット結果ではお受けできません。   何れも疾患などの診断や診察は法律により行えません。ヘルスケア目的となります。またチャットはリアルタイムでの提供ではありません。また時間制限があります。

この健康相談を通して血液検査キットでは、不定愁訴、肌荒れ、精神疾患、貧血を引き起こす可能性がある鉄欠乏状態を推定することができます。
鉄分不足を改善するには、鉄分とタンパク質をはじめ、様々な栄養素の摂取が重要なカギを握ります。   そのため、タンパク質、コレステロールや中性脂肪などを意識しながら、不足しがちな栄養素を含む食事を心がけるようにすることが大切です。 今回は、血液検査に詳しいリ・スタート貧血・鉄欠乏ナビが、鉄欠乏性貧血に必要な栄養素についてご紹介します。
 
 

身体や心の不調はまず鉄とタンパク質不足を疑い、それにはフェリチン検査が有効です

新『自宅でフェリチン検査!』キット
一般価格9,336円(税込・送料無料)
会員価格8,730円(税込・送料無料)!
結果は、分子栄養カウンセラーが、個人々々の栄養素不足を一次分析付

鉄欠乏・タンパク不足検査応援キャンペーン 特別会員価格 - (送料無料、税込価格8,317円) 

管理医療機器 承認番号:22900BZX00300000

鉄欠乏と貧血対策に必要な栄養素

リ・スタート貧血ナビ

鉄分:レバー・肉類・海藻類・ひじきなど タンパク質:魚介類・肉類・卵類・乳製品など ビタミンB12:レバー・チーズ・卵・牛乳・貝類など葉酸ほうれん草・かぼちゃなどの緑黄色野菜ビタミンCイチゴなどの果物・ブロッコリー・ピーマンなど

血液検査キットで鉄分の量を推定しタンパク質不足も読み取ることができます。

体を構成する多くはタンパク質です。いくつものアミノ酸で構成され、また代謝に必須となるタンパク酵素の元です。
良質なタンパク摂取は全ての代謝の基礎です。

また血糖値を急激に上下させ体調不良の原因やビタミン類を多く消費する炭水化物(ご飯もの、麺類、砂糖など甘いもの、お酒・ビールなど)はなるべく減らし、血糖変化を穏やかにし健康的な血液を作り出す栄養素を積極的に摂取するように心がけてください。
   鉄分やタンパク質は、エネルギーやヘモグロビンを作り出すために必要な基本栄養素です。  また、ビタミンB12と葉酸は、赤血球を構成するためには必要不可欠な栄養素です。 赤血球が作り出されないと、ヘモグロビンは不足します。   ビタミンCは、鉄分を吸収するために必要な栄養素です。 またコラーゲン生成を促し肌荒れに効果があります。 どの栄養素も鉄欠乏と貧血を改善するためには欠かせない栄養素です。   日頃から栄養素を意識た食事を心がけましょう。 定期的に血液検査キットで鉄分の量を確認することで、鉄欠乏防止につながります。
 
 

生活習慣を見直して鉄欠乏と貧血を予防しよう!

リ・スタート貧血ナビ

血液検査キットを活用して鉄分の量を確認するだけでは、鉄欠乏の改善にはつながりません。   血液検査キットはあくまで現状を知るためのツールです。

鉄欠乏の改善に最も重要なのは、日頃の食生活習慣を見直すことです。 食事に関しては、先ほどご説明した栄養素を積極的に摂り入れるようにしてください。 また、栄養素がしっかりと吸収される体つくりは基本です。   それは、胃腸が正常であるかどうかです。 アルコールの摂りすぎや生活習慣(寝不足や運動不足)に心がけ、胃腸に負担をかけやすいものは過度に摂取しないようにしましょう。胃腸に負担がかかりすぎると、胃腸の粘膜が弱ったり胃酸の出が悪くなるなど胃腸の働きが低下し、タンパク質や鉄分をはじめ様々な栄養素の吸収に支障をきたす場合があり ます。

血液検査キットと併用して日頃の生活習慣を見直すことで、鉄欠乏の予防に役立てましょう。

 
 

コレステロール・中性脂肪など生活習慣病の生化学項目も同時に検査可能な血液検査キット血液検査キットで鉄欠乏を推定し、健康管理に役立てませんか?

今回は、鉄欠乏と貧血に対して必要な栄養素についてご紹介しました。 鉄欠乏を改善するには、鉄分をはじめタンパク質やビタミンなど、特に不足がちな栄養素を心がけて摂取 することが重要です。   また、摂取した栄養素を最大限に活用するためには、胃腸を大切にする日頃の生活習慣にも心がけが必要です。    リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビがお届けしている血液検査キットは、中性脂肪やコレステロール、血糖値など生活習慣病の生化学項目も同時に検査し、推定することができます。ぜひ、健康管理のひとつとしてお使いください。
 
 
キット・健康相談問い合わせはこちらから

新『自宅でフェリチン検査!』キット
一般価格9,336円(税込・送料無料)
会員価格8,730円(税込・送料無料)!
結果は、分子栄養カウンセラーが、個人々々の栄養素不足を一次分析付

鉄欠乏・タンパク不足検査応援キャンペーン 特別会員価格 - (送料無料、税込価格8,317円) 

管理医療機器 承認番号:22900BZX00300000

コラム一覧