マタニティケア

産後マタニティケア
鉄欠乏の影響は産後うつにも

産後うつは鉄分不足に関係することをご存知ですか?   妊娠していると、鉄分が失われる原因が多数あります。 また、鉄分不足は自覚症状があっても我慢をし続けると感受性に耐性が出来、感じにくくなります。 よほど重度の鉄欠乏や貧血にならないと、普段の生活の中で実感はあっても問題意識をすることがあまりありません。   そのため、妊娠中気づかないうちに鉄欠乏に陥ってしまうのです。 本人は意識しませんが、お腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があります。   また鉄欠乏に関係し、妊婦の10人に一人が発症すると言われる産後うつ問題は、大変悲惨な結果を招く恐れがあります。 そのため、妊娠前と妊娠中、また産後も定期的に検査やヘルスケア相談を行うことがおすすめです。   今回は、リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビが、妊娠中の鉄分不足と産後うつについて理由と予防策を紹介します。ぜひご参考ください。
 
 

妊娠中の鉄分不足の原因

新『自宅でフェリチン検査!』キット
一般価格9,336円(税込・送料無料)
会員価格8,730円(税込・送料無料)!
結果は、分子栄養カウンセラーが、個人々々の栄養素不足を一次分析付

鉄欠乏・タンパク不足検査応援キャンペーン 特別会員価格 - (送料無料、税込価格8,317円) 

管理医療機器 承認番号:22900BZX00300000

リ・スタート貧血ナビ

妊娠中は鉄欠乏や貧血の症状が出やすくなります。 なぜ妊娠中に鉄欠乏や貧血を引き起こすのか、その原因についてご紹介します。

赤ちゃんに与える栄養を優先するため

鉄など母体に蓄積された栄養素は、赤ちゃんの成長のために優先して胎児へ届けられます。 もともと蓄積された鉄など栄養素量が十分でない場合は、母体に必要な栄養素は不足し鉄分不足になり、鉄欠乏や貧血を引き起こす可能性が高まります。   血液の量が増え濃度は減るため妊娠中の母体は血液量が増加します。 これは血液が、赤ちゃんに栄養や酸素を届ける大切な役割を担うためです。 しかし、血液の量が増加するスピードに合わせて、赤血球の量が増加することはありません。   そのため、血液の量に対して赤血球の量が不足している状態になり、鉄分不足による貧血を引き起こします。 妊娠中の鉄分の吸収は通常よりも高まります。 但しつわりにより思うように食事ができない場合は、鉄吸収ができず、必要としている栄養素が不足するため、鉄分不足に陥りやすくなります。   出産時の出血と母乳時に出産時は大量の出血を伴います。 また鉄の赤ちゃんへの供給は母乳です。お母さんの鉄はこの様にどんどん減って行きます。 このように、妊娠中と産後は赤ちゃんの成長のために母体から多くの鉄が失われ、鉄分欠乏や貧血になりやすい状態です。   その結果、半数の妊婦は貧血になると報告されています。 また産後うつの発症は10人に一人の割合との報告もあり、貧血と密接な関係があります。
 
 

産後うつの予防策とは?

リ・スタート貧血ナビ

妊娠中に引き起こしやすい鉄欠乏と貧血については、ご理解いただけたかと思います。 鉄欠乏によって、お腹の中の赤ちゃんや、産後の乳児や幼児への影響も考えられます。   詳細は次の通りです。

そもそも産後うつとは何で原因は何でしょう?   産後うつの症状は一般のうつと同じで、抑うつや不安症です。 原因は不明とされています。もしくは本人のメンタルや気質、人間関係や家庭環境が原因と指摘する専門家もいます。   はたしてそうでしょうか?   抑うつや不安症を分子栄養学から科学的に分析すると、全く違う要因が見えてきます。   精神症状とは思考やストレスがかかった時の耐性の表れです。 ストレス時の生体反応は交感神経系のアドレナリンと、脳ホルモン系のGABA、ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン分泌で、それぞれ異なる作用で精神状態を拮抗させる働きがあり、それらはストレス耐性として表れます。

GABA以外はそれらの生成に鉄が必須です。 また基本はアミノ酸でタンパク質です。 更にビタミンB群も不可欠です。

これら一つでも欠けると脳ホルモンは生成分泌されず、ストレス耐性のバランスが崩れ精神症状を発症します。   うつや不安症であるパニック障害は圧倒的に女性に多く、多くの要因は鉄とタンパク質不足です。 鉄とタンパク質摂取や吸収が悪いとうつや不安症を発症し、欠乏する栄養素補給で完治することが臨床医療で判明しています。 また糖質(炭水化物・糖類)過剰での低血糖症も関係します。   もうお分かりかと思います。 鉄欠乏が産後うつを引き起こす、大きな要因となっている可能性は高いのです。   妊娠中の鉄欠乏や貧血でお悩みでしたら、リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビの鉄欠乏推定検査キット&アプリをご活用ください。 血清フェリチン・血清鉄・ヘモグロビンを同時に検査し、鉄欠乏の推定が可能です。 オプションでアプリを通したヘルスケア相談も可能なので、お気軽にご利用ください。
 
 

妊娠での鉄分不足を解消し産後うつ予防を!
検査やヘルスケア相談

このように、妊娠出産は母体の多大な自己犠牲の上で成り立っています。   産後のお母さんは赤ちゃんの育児に無我夢中で、自分の体調不良は後回しにします。 また出産直後を除き、産後婦の健康をフォローする診察科が無いことは、医療界の大きな課題です。   産後うつになると、周りからはお母さん本人が悪い様に責められ、精神的に更に追い込まれ、時に凄惨な事故や事件が起きています。   妊娠中に引き起こしやすい鉄分不足についてご紹介しました。 妊娠中は、母体の栄養が赤ちゃんに優先的に届けられるため、栄養不足や鉄分不足になりやすいのです。   そのため、妊娠前と妊娠中は定期的に検査を行い、ヘルスケア相談を活用したりするようにしましょう。 「妊娠中の鉄分不足が心配」という方は、リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビをご覧ください。 分子栄養学に精通し国家資格を持つ医療専門家の健康相談アドバイスがオプションで提供できるフェリチン検査キットを取り扱っておりま す。 お気軽にお問い合わせください。 不明点などはお問い合わせいただく他、よくある質問からもご確認いただけます。
 
 
キット・健康相談問い合わせはこちらから

新『自宅でフェリチン検査!』キット
一般価格9,336円(税込・送料無料)
会員価格8,730円(税込・送料無料)!
結果は、分子栄養カウンセラーが、個人々々の栄養素不足を一次分析付

鉄欠乏・タンパク不足検査応援キャンペーン 特別会員価格 - (送料無料、税込価格8,317円) 

管理医療機器 承認番号:22900BZX00300000

コラム一覧