自宅でフェリチン検査!を使うメリット・デメリット

検査項目と結果の栄養素分析が重要

自宅でフェリチン検査!を使うメリット・デメリット
結果は栄養素と健康を一次分析

フェリチン検査は、血液中の鉄の量を確認することができます。 鉄の量を把握することで、鉄欠乏と貧血のリスクを予防することができます。 また、フェリチン検査キットを利用すると、医療機関で検査する時に比べて、お手軽に行うことができます。   しかし、自宅で気軽に検査ができる反面注意も必要です。   今回は、リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビが、血液検査キットを利用するメリットとデメリットを含め、フェリチン検査キットを選ぶ時のポイントについて紹介します。 ぜひ参考になさってください。
 
 

身体や心の不調はまず鉄とタンパク質不足を疑い、それにはフェリチン検査が有効です

新『自宅でフェリチン検査!』キット
一般価格9,336円(税込・送料無料)
会員価格8,730円(税込・送料無料)!
結果は、分子栄養カウンセラーが、個人々々の栄養素不足を一次分析付

鉄欠乏・タンパク不足検査応援キャンペーン 特別会員価格 - (送料無料、税込価格8,317円) 

管理医療機器 承認番号:22900BZX00300000

血液検査キットを自宅で使用するメリット

リ・スタート貧血ナビ

自己採血の血液検査キット(フェリチン検査など)があれば、病院へ行くことなく自宅で血液検査を行うことができます。   血液検査の一つでもあるフェリチン検査では、体内の鉄の量を推定することができます。

血液検査キット(フェリチン検査など)を自宅で使用するメリットとして、下記が挙げられます。

* フェリチン検査は一般的でなく、フェリチン検査を行う病院を探す必要がない * 検査には診察が必要で、また検査結果を聞くための再診の通院時間と手間がかからない * 健康維持につながる * 手頃な値段で使用できる     血液検査キット(フェリチン検査など)は、自宅にいながら採血ができ、検査結果をメールで受け取ることができます。 準備〜採血〜郵送に要する時間は30分程度です。   フェリチン検査を行っている医療機関があっても、通院時間を含めると半日、遠方の場合は丸一日時間を要します。 結果を聞くためには医療機関への再診も必要です。 場合によっては実費となります。   そのため、時間を確保できない人や検診を受ける習慣のない人は、血液検査を受ける機会がなかなかありません。 しかし、検査をする機会が少ないと、病気の兆候を見逃してしまうというリスクが生じます。   そのような場合に血液検査キット(フェリチン検査)を使用することで、健康状態を推定することができます。 また、値段も健康診断や人間ドックと比較して、時間と手間を考慮すると安いため、気軽に使用することができます。
 
 

血液検査キットを自宅で使用するデメリット

リ・スタート貧血ナビ

一般的な自己採血型の血液検査キットにはメリットもあれば、注意が必要な点もあります。   デメリットとして何があるのか見てみましょう。

* メーカーで高精度とうたっていても、自分で採血する自己採血型の血液キットは、採血の方法と処理方法(採血手技と言います)により、結果は精度に影響が出る場合があり、保証するものではない * 検査結果によって相談場所を自分で見つける必要がある?! * 病院検査よりアドバイス面で不安があるのでは?

本当にそうでしょうか?

リ・スタートの『自宅でフェリチン検査!』は、準備と注意事項をお守りいただけますと高い精度で結果が出ます。さらに分子栄養療法を習得した栄養素カウンセラーが、個人の健康状態と結果から栄養素分析付きで結果をお返しします。

病院での血液採血は腕の静脈からです。それに対して自己採血キットは動脈と静脈が合わさっている指先からで、血液成分は多少異なります。適正な使い方をしていただくと、成分差のみの違いであり、ラボ検査では非常に高い精度が出ております。


それでは結果分析はどうでしょうか?
病院での検査結果は通常どうなっているでしょう。

ほとんどのお医者さんは結果の数値が基準値に入っているかどうか、また基準値の低・中・高のどのあたりの数値かを見ます。
また検査項目は、腎臓・肝臓・脂肪などの分類となっており、基準値内であれば異常なしとの診断となるのが通常です。

ほとんどは高い数値の方に着目し、高めだと「○○○の食べ過ぎや飲み過ぎに注意しましょう」となります。


大きな問題は、鉄欠乏は貧血として扱われ、ヘモグロビン値が基準値であれば正常と診断され、だるさなどの不定愁訴は原因不明となり、また塞ぎ込みなどは精神疾患との診断になる場合があることです。


では基準値とは何でしょうか?基準値内であれば正常とされますが、本当にそうでしょうか?

 基準値とはその血液検査所での検査結果の95%の統計値です。
つまり統計上は95%程度の人は基準値に入ります。
つまり幅が広く、相対的に低いと、低くても正常との判断がされてしまいます。

弊社の分子栄養療法カウンセラーは、一般の医療従事者とは異なる、分子栄養療法を実践しています。
違いは分子栄養学から個人個人に合わせて結果値を分析することです。
これにより貧血判断でなくとも鉄欠乏やタンパク質不足を読み取ることが出来ます。

つまり、病院での検査結果や一般的な検査は結果を基準値で判断する事です。
結果を何で判断しているかは非常に重要です。何で分析をするかを見極めてキット選択をすべきでしょう。

 
 

フェリチン検査キットをお探しなら

フェリチン検査キットを使用するメリットとデメリットについて紹介してきましたが、いかがでしたか。   フェリチン検査キットなどの血液検査は、自宅で手頃な値段で行えるメリットがある反面、検査結果について相談できる医療機関を別に探す必要があります。   「フェリチン検査キットを利用したいけど、専門家に相談もしたい!」という方は、リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビをご利用ください。 医療従事者のアドバイスを受けることができます。
 
 
キット・健康相談問い合わせはこちらから

新『自宅でフェリチン検査!』キット
一般価格9,336円(税込・送料無料)
会員価格8,730円(税込・送料無料)!
結果は、分子栄養カウンセラーが、個人々々の栄養素不足を一次分析付

鉄欠乏・タンパク不足検査応援キャンペーン 特別会員価格 - (送料無料、税込価格8,317円) 

管理医療機器 承認番号:22900BZX00300000

コラム一覧