妊娠で貧血になる理由とは?
女性と貧血の関係性や貧血の予防・治療法

妊娠で貧血になる理由とは?女性と貧血の関係性や産後うつの予防・治療法

妊娠が貧血の原因になることは、女性にとって珍しいことではありません。妊婦貧血とはどのような症状なのか。また産後うつにもつながり、妊娠中に困らないためにも特徴や原因、そして予防・治療法はしっかりと理解しておきたいところです。そこで今回は、妊娠中の貧血とはなぜ起こるのかというポイントを整理した上で、女性と鉄欠乏の関わり、そしてその予防・治療の方法について解説します。

アスリート スポーツ貧血 フェリチン検査

 

貧血に悩む妊娠中の女性

妊娠中の女性は、妊婦貧血に陥らないようしっかりと日常的に備えておく必要があります。その備えとして重要となるのは、まず妊娠中はなぜ貧血になるのか、どのような症状なのか、理解を深めて認識しておくことです。

貧血に悩む妊娠中の女性

 

自宅でフェリチン検査!  安心の予備採血管と採血パーツ付き検査キット販売開始!!

有経女性のフェリチンは下がりやすく、キレート鉄サプリはすぐに上がりやすい傾向にあります。
そのためフェリチンは1〜3ヶ月ごとの検査をお勧めします

予備品未使用時は次回検査で利用が可能で、費用はお得になります

✔️ 自宅で採血し郵送するだけ、予備品付きで安心!
✔️ 健康診断項目には通常ない「フェリチン」と「CRP」を検査!
✔️ 12項目の検査から血液栄養解析付き!
    鉄欠乏推定・タンパク質代謝推定・ALPによる亜鉛欠乏推定の解説付き※※

標準 フェリチン検査! 12項目検査(血液栄養解説付き)
望小売価格       12,940円(税送料込14,234円)
オンライン一般価価格12,500円(税送料込13,750円)
オンライン一会員価格12,050円(税送料込13,255円)
※1 予備品くりこし利用 自宅でフェリチン検査! 12項目検査(血液栄養解説付き)
予備採血管並びに予備採血パーツが使えること、紙製採血管ホルダーも保管してあること
希望小売価格 -      9,690円(税送料込10,659円)

オンライン一般価価格 -  9,350円(税送料込10,285円)
オンライン一会員価格 -  9,010円(税送料込  9,911円)

ココロと身体の健康管理
女性・妊活女性・妊産婦・子供〜高齢者・健康経営・アスリートに最適です。

検査項目は鉄関係2項目と生化学10項目です。
鉄関係:血清フェリチン、血清鉄 (Fe) 生化学:AST (GOT)、ALT (GPT)、ALP、CRP、γ-GTP、中性脂肪 (TG)、総コレステロール、尿素窒素 (BUN)、尿酸 (UA)、アルブミン (Alb)

※ ALPによる亜鉛欠乏推定は成人でかつ肝臓系の疾患がない方となります
※※   FAQは必ずお読みください
※※※ 採血後の検体は同封のJPのチルドゆうパックで返送します。詳細は使い方・ビデオから「ご利用の注意」をご覧ください。なお手配と費用はお客様にてご負担となります。

貧血とは、血液中のヘモグロビンの量が足りなくなることで起こる症状です。ヘモグロビンは酸素を運ぶ役割を担っているため、ヘモグロビン濃度が薄くなれば、当然ながら酸素はうまく体中にいきわたらなくなります。   結果としてめまいや頭痛などの症状が出たり、疲れやすさやイライラしやすさなどにもつながったりするのが特徴です。 なぜ妊娠中は貧血になりやすいのかというと、妊婦さんはヘモグロビンの生成に関わる鉄分の多くをお腹の赤ちゃんに吸収されてしまうからです。鉄分の吸収は赤ちゃんの成長にとっても不可欠なことであり、そのため割合でみると妊娠中の4人に1人の女性が貧血に悩まされやすいとされています。
 
 

自宅でフェリチン検査!  安心の予備採血管と採血パーツ付き検査キット販売開始!!

有経女性のフェリチンは下がりやすく、キレート鉄サプリはすぐに上がりやすい傾向にあります。
そのためフェリチンは1〜3ヶ月ごとの検査をお勧めします

予備品未使用時は次回検査で利用が可能で、費用はお得になります

✔️ 自宅で採血し郵送するだけ、予備品付きで安心!
✔️ 健康診断項目には通常ない「フェリチン」と「CRP」を検査!
✔️ 12項目の検査から血液栄養解析付き!
    鉄欠乏推定・タンパク質代謝推定・ALPによる亜鉛欠乏推定の解説付き※※

女性と貧血の関係性

女性は男性よりも貧血に陥りやすいという特徴があります。女性の場合、月経や妊娠によって鉄分を男性よりも多く排出することになるため、女性にとって貧血は関わりの深い疾患の一つといえるでしょう。
妊娠すれば胎児の発育のために、自分の身体の中の鉄分を分けてあげなければなりません。分娩時にもたくさん出血するため、女性は生きていく上で多くの場面において鉄不足に陥ります。
そのため男性が食事によって補う鉄分を1とすれば、通常時の女性が摂取しなければならない鉄分は2、そして妊娠中はさらに鉄分が足りなくなるため3~4の鉄分を取り込んでいかなければならなくなります。
 
 

妊娠中の貧血を予防するには鉄分が豊富な食べ物がおすすめ!

妊娠中の女性は、妊婦貧血に陥らないようしっかりと日常的に備えておく必要があります。その備えとして重要となるのは、まず妊娠中はなぜ貧血になるのか、どのような症状なのか、理解を深めて認識しておくことです。

お腹に手を当てる妊娠中の女性

 

動物由来の鉄分「ヘム鉄」   まず、レバーや豚・牛もも肉などには、動物由来の鉄分である「ヘム鉄」が豊富に含まれていることで知られます。さらにヘム鉄は身体に吸収されやすい鉄分なので、妊娠中の貧血を防ぐ上で高い効果が期待できるでしょう。 植物由来の鉄分「非ヘム鉄」   野菜や穀物などにも鉄分が多く含まれており、これらの食材に含まれる鉄分は「非ヘム鉄」と呼ばれます。吸収されやすいのはヘム鉄ですが、非ヘム鉄が多い食べ物も、妊娠中の鉄分を補うものとして積極的に食べておきたいところです。 これらの食材の他にも、ビタミンCを意識して摂取しておくと鉄分の吸収を促してくれるため、貧血予防の効果により期待ができると考えられます。自分自身のみならずお腹の赤ちゃんのためにも、妊娠中は鉄分をしっかりと補いましょう。
 
 

妊娠中に貧血になった場合の治療法とは?

妊娠中に貧血に陥った場合は、鉄剤や漢方などで治療が行われるのが特徴です。
鉄剤は主に内服薬や注射薬によって服用することになります。また漢方薬の場合は、鉄剤の使用が難しいと判断された場合に治療の手段として選ばれることがありますが、鉄分を少しでも吸収しやすくするように働きかけていくのが特徴です。これらの治療法については、妊娠中の貧血予防の方法とともにあらかじめチェックしておきましょう。

身体や心の不調はまず鉄不足を疑い、それにはフェリチン検査が有効です

自宅でフェリチン検査!  安心の予備採血管と採血パーツ付き検査キット販売開始!!

有経女性のフェリチンは下がりやすく、キレート鉄サプリはすぐに上がりやすい傾向にあります。
そのためフェリチンは1〜3ヶ月ごとの検査をお勧めします

予備品未使用時は次回検査で利用が可能で、費用はお得になります

✔️ 自宅で採血し郵送するだけ、予備品付きで安心!
✔️ 健康診断項目には通常ない「フェリチン」と「CRP」を検査!
✔️ 12項目の検査から血液栄養解析付き!
    鉄欠乏推定・タンパク質代謝推定・ALPによる亜鉛欠乏推定の解説付き※※

標準 フェリチン検査! 12項目検査(血液栄養解説付き)
望小売価格       12,940円(税送料込14,234円)
オンライン一般価価格12,500円(税送料込13,750円)
オンライン一会員価格12,050円(税送料込13,255円)
※1 予備品くりこし利用 自宅でフェリチン検査! 12項目検査(血液栄養解説付き)
予備採血管並びに予備採血パーツが使えること、紙製採血管ホルダーも保管してあること
希望小売価格 -      9,690円(税送料込10,659円)

オンライン一般価価格 -  9,350円(税送料込10,285円)
オンライン一会員価格 -  9,010円(税送料込  9,911円)

ココロと身体の健康管理
女性・妊活女性・妊産婦・子供〜高齢者・健康経営・アスリートに最適です。

検査項目は鉄関係2項目と生化学10項目です。
鉄関係:血清フェリチン、血清鉄 (Fe) 生化学:AST (GOT)、ALT (GPT)、ALP、CRP、γ-GTP、中性脂肪 (TG)、総コレステロール、尿素窒素 (BUN)、尿酸 (UA)、アルブミン (Alb)

※ ALPによる亜鉛欠乏推定は成人でかつ肝臓系の疾患がない方となります
※※   FAQは必ずお読みください
※※※ 採血後の検体は同封のJPのチルドゆうパックで返送します。詳細は使い方・ビデオから「ご利用の注意」をご覧ください。なお手配と費用はお客様にてご負担となります。

コラム一覧