【自宅でフェリチン検査!】子供の鉄不足は見落としがち!
鉄の働きや乳幼児・子供の鉄欠乏について解説

能登地震 妊産婦応援 無償

石川県の、災害時の母と子の健康について > いしかわ妊娠相談事業 を支援します

鉄とタンパク不足が推定できます。妊産婦に鉄とタンパク検査をおすすめるる背景はこちらを。

対象は石川県、近隣県の令和能登半島地震で被災されました方並びに妊産婦の方々となります。

【フェリチン検査】鉄不足は見落としがち!

鉄の働きや乳幼児・子供の鉄欠乏について解説


フェリチン検査で鉄不足に陥っているかどうかのチェックをする際には、そもそも鉄とはどのような働きを持つのか、その役割や鉄不足が引き起こすリスクを知っておくことが重要となります。鉄分に関する知識を持つことは、女性だけでなく乳幼児の子供の栄養不足を考える上でも役立つでしょう。こちらではフェリチン検査をする際に知っておきたい、鉄不足が見落とされやすい理由や鉄の働き、子供の鉄欠乏の原因などについて解説します。

鉄不足が見落とされる理由は?フェリチン検査でチェック

フェリチン検査で鉄不足を調べる際は、いくつか知っておきたいポイントがあります。実は貧血と判断される「鉄欠乏」は見落とされやすい傾向にあるため、女性の鉄欠乏の状態には注意が必要です。では、なぜ鉄欠乏が見落とされやすいのでしょうか。 まず、鉄欠乏に陥っているかどうかはヘモグロビンをチェックして判断します。一般的に女性は、ヘモグロビンが12~16g/dlであれば正常値の範囲内とされているのです。 しかし、この検査で問題のない範囲内であっても、意外な落とし穴があります。実は、身体の中では鉄分が不足しているのにもかかわらず、通常の血液検査ではヘモグロビンが問題ない範囲内になっていることから、鉄欠乏の危険サインありとみなされないことが起こるのです。 このため、貧血のような症状の自覚があるのに鉄欠乏と診断されない、という状態が起きてしまい、鉄欠乏が見落とされやすいのです。そういった場合に、フェリチン血液検査による鉄不足チェックが役立つ可能性が大いにあります。
 
 

標準検査キット価格改定(値下げ)しました!

自宅でフェリチン検査!(標準検査キット)分子栄養学的解説付き
オンライン一般価格:7,200円 (税込7,920円、送料無料)
オンライン会員キャンペーン価格:6,330円 (税込6,963円、送料無料)

知っておきたい鉄の重要な働きとは

フェリチン検査で鉄不足かどうかを確認する際には、鉄の働きや役目についても詳しく理解を深めておきたいところです。

潜在性鉄欠乏症 子供の貧血 フェリチン不足の子供

 

そもそも体内で鉄が不足するとどうなるのか

鉄の働きを知る際には、まず鉄不足が引き起こすと考えられる各症状・不調を整理しておくことが大切です。例えば、以下のような症状や不調が挙げられます。 疲労がたまる、疲労が取れない すぐに風邪を引いてしまう 食欲不振に陥る 頭痛がする むくみが取れない 便秘に悩まされる 生理不順に陥る 肩が凝りやすくなる   これ以外にも鉄不足は様々な身体の不調につながり得るとされています。
 
 

鉄が果たす役割とは

人の体内において鉄は、主に以下のような働きを持っています。
DNA合成で必要、エネルギー生成で必要、精神を安定させる神経伝達物質を作る上で必須、赤血球における構成要素として重要なもので酸素を捕まえて細胞へ運ぶ、肌の成分であるコラーゲンを作る、がんや炎症などに対抗する抗酸化酵素の構成要素となり活性酸素を消す

ご紹介した不調を見てもわかるように、健康を維持する上で鉄が重要な役割を果たすのは明らかだといえるでしょう。
 
 

乳幼児・子供はなぜ鉄欠乏になるのか

フェリチン検査をする際には、子供・乳幼児がなぜ鉄欠乏に陥ることがあるのかを把握しておくことも重要です。 子供が鉄欠乏になるのは、鉄欠乏性貧血が主な原因として挙げられます。産後間もない子供の場合は、母体を通じてたくさんの鉄をもらいますが母体が鉄欠乏の場合はあげる限度があります。生後半年からは人生の中で最も早いスピードで成長を遂げ、胎内にいたときに摂取した鉄は自然と不足しがちになります。
また第二次性徴期と呼ばれる児童〜青春期は同様に鉄が多量に必要です。こういった背景から、乳幼児とその後の子供はときに鉄欠乏に陥ることがあるのです。

子供・乳幼児はなぜ貧血になるのか

 

乳幼児の潜在性鉄欠乏症は見落とされがち

フェリチン検査を実施する際には、乳幼児の鉄欠乏が意外にも見落とされやすいという特徴を知っておくことが大切です。鉄欠乏のために子供が潜在性鉄欠乏症の症状に陥ることは、数ある乳幼児の疾患の中でも見落とされてしまいやすくなっています。
大人と違って乳幼児の鉄欠乏は、そこまで早いペースで進まないという特徴があります。だからこそ日々の診療において発見されにくく、顔色や食欲などを見て鉄欠乏かもしれないと判断できることが少ないのです。このため、乳幼児の鉄欠乏には十分注意を払い、鉄分を豊富に摂取できる離乳食の調理などに、家族は心がけていく必要があるといえるでしょう。

フェリチン検査を通して鉄不足や鉄の働きへの理解を深めよう

フェリチン検査を行う際には、鉄の働きや鉄不足が見落とされやすい背景などを知ることが重要です。体内で鉄が不足すると、疲れやすくなったり頭痛などの体調不良につながったりするリスクがあり、鉄は人の体内において重要な役割を果たします。乳幼児や子供の成長においても同じです。フェリチン検査で鉄不足をチェックする際に、鉄の働きや鉄不足が引き起こす体調トラブルについて理解を深めておきましょう。
フェリチン検査キットがあれば自宅でいつでも鉄不足の状態を検査でき、病院での検査の手間や費用が省けます。妊娠中の方やご家族の鉄不足が気になる方はぜひご活用ください。
 
 

身体や心の不調はまず鉄不足を疑い、それにはフェリチン検査が有効です

標準検査キット価格改定(値下げ)しました!

自宅でフェリチン検査!(標準検査キット)分子栄養学的解説付き
オンライン一般価格:7,200円 (税込7,920円、送料無料)
オンライン会員キャンペーン価格:6,330円 (税込6,963円、送料無料)

推定検査項目は鉄関係2項目と生活習慣12項目です。

鉄関係:血清フェリチン、血清鉄 (Fe)
生化学:AST (GOT)、ALT (GPT)、γ-GTP、中性脂肪 (TG)、総コレステロール、LDLコレステロール (悪玉コレステロール)、HDLコレステロール (善玉コレステロール)、尿素窒素 (BUN)、クレアチニン (Cr)、尿酸 (UA)、総タンパク (TP)、アルブミン (Alb)

コラム一覧