【自宅でフェリチン検査!】見逃される鉄欠乏 フェリチンの基準値・理想値とは?

【自宅でフェリチン検査】見逃される鉄欠乏 フェリチンの基準値・理想値とは?

一般的には貧血が鉄欠乏と認識されますが、貧血診断とならない限り鉄欠乏治療はされません。貧血診断でない場合は、他の検査や原因究明を延々と行いますが、鉄欠乏が見逃されると原因不明の体調不良、不定愁訴となり、時には精神疾患を疑われます。
貧血でない鉄欠乏を潜在性鉄欠乏症と言います。それを診断するに最も有効なのは血液検査の血清フェリチンですが、ここにも基準値という落とし穴があります。
検査所の統計で作られ、臨床医療で診断の基準となる基準値とは何か、またそれに対し分子栄養医学でのあるべき理想値との違いを理解し、貧血や潜在性鉄欠乏症はどのように診断されるのか、なぜ原因不明の体調不良と診断されるのかを理解することです。

フェリチン かくれ貧血 不定愁訴 体調不良 血液検査 うつ パニック障害 ADHD

 

自宅でフェリチン検査!  安心の予備採血管と採血パーツ付き検査キット販売開始!!

✔️ 自宅で採血し郵送するだけ、予備品付きで安心!
✔️ 健康診断項目には通常ない「フェリチン」と「CRP」を検査!
✔️ 12項目の検査から血液栄養解析!
鉄欠乏推定・タンパク質代謝推定・ALPによる亜鉛欠乏推定の解説付き

希望小売価格    12,940円(税送料込14,234円)
オンライン一般価価格12,500円(税送料込13,750円)
オンライン一会員価格12,050円(税送料込13,255円)

ココロと身体の健康管理
女性・妊活女性・妊産婦・子供〜高齢者・健康経営・アスリートに最適です。

検査項目は鉄関係2項目と生化学10項目です。
鉄関係:血清フェリチン、血清鉄 (Fe) 生化学:AST (GOT)、ALT (GPT)、ALP、CRP、γ-GTP、中性脂肪 (TG)、総コレステロール、尿素窒素 (BUN)、尿酸 (UA)、アルブミン (Alb)

※   FAQは必ずお読みください
※※ 採血後の検体は同封のJPのチルドゆうパックで返送します。詳細は使い方・ビデオから「ご利用の注意」をご覧ください。なお手配と費用はお客様にてご負担となります。

鉄欠乏の臨床判断基準、基準値とその課題、落とし穴とは?

基準値とは、ある検査所で健康と判断された検査結果群の下限値分布2.5%と上限値分布2.5%を除いた95%が収まる統計上の分布を基準値と言います。
検査項目によっては基準値を臨床判断値(正常値)とする臨床医療が多く、あくまでも統計値でありあるべき数値ではありません。しかも検査所によって基準値の下限値や上限値は異なります。

つまりもともと鉄欠乏気味の日本女性の血清フェリチン値は、正規分布にはならず統計値は低い方にバイアスされており、数値によっては基準値内であっても正常値ではありませが、例えば臨床医療の貧血判断基準はヘモグロビンや赤血球の基準値であり、基準値内であれば鉄欠乏は異常無しの判断となります。これが基準値の落とし穴となることに留意が必要です。
また基準値越えや高いと心配で、低い方は良いとされがちですが、分子生物学の生化学から代謝を分析する分子栄養医学からはかなり異なる分析となります。

 

自宅でフェリチン検査!  安心の予備採血管と採血パーツ付き検査キット販売開始!!

✔️ 自宅で採血し郵送するだけ、予備品付きで安心!
✔️ 健康診断項目には通常ない「フェリチン」と「CRP」を検査!
✔️ 12項目の検査から血液栄養解析!
鉄欠乏推定・タンパク質代謝推定・ALPによる亜鉛欠乏推定の解説付き

希望小売価格    12,940円(税送料込14,234円)
オンライン一般価価格12,500円(税送料込13,750円)
オンライン一会員価格12,050円(税送料込13,255円)

フェリチンの基準値と理想値の違いとは

貧血でない鉄欠乏とは、正式は潜在性鉄欠乏症と言い。検査は血清フェリチンの血液検査を行います。
重要なことは、診断をするにはあるべき正常値は基準値ではなく、理想値であり二つは異なることを知っておく必要があります。血清フェリチン値は男女間で異なるのが特徴で、下記の女性は有経女性となります。
一般臨床医療(病院やクリニック)は基準値で判断し基準値内であれば貧血や鉄欠乏とは見なされず、その結果、症状の原因は鉄欠乏以外となり不明となります。
それに対し分子栄養医学では理想値で判断します。

基準値、一般臨床医療では基準値内であれば貧血や鉄欠乏は異常なしとの診断となります。
男性:20~250ng/ml  
女性:10~80ng/ml

理想値、分子栄養医学からのあるべき正常値となります。
男性:100150ng/ml
女性:50〜80ng/ml


分子栄養医学の見地からは、理想値以下は鉄欠乏と見なします。
なお鉄需要は性別の他にも年齢、妊娠、運動量など個人で異なるため、鉄欠乏かどうかは十分な注意が必要です。

検査結果が基準値内にもかかわらず、身体の中で鉄分が不足しているせいで貧血に代表される鉄欠乏の症状が現れることは決して珍しいことではありません。鉄欠乏を放置すると体調不良はますます顕著になり、最終的には貧血に亢進するため、血液検査によってフェリチン値を理想値でチェックするのは必須となります。
 
 

鉄欠乏と診断された場合の治療法は?

では、鉄欠乏と診断された場合には、一般的にはどのような治療法があるのでしょうか。
一般的なのは鉄剤が処方され、それを服用することによって症状の改善につなげるケースです。鉄剤を内服することで、貧血は2週間ほどで改善するとされています。鉄剤によってヘモグロビンは1~3ヶ月ほどの時間をかけて正常の値を示すようになっていくのが特徴です。

貧血 鉄剤

 

鉄欠乏の治療での注意点

ただし血清フェリチンは、ヘモグロビンが基準値の範囲内になった時期からさらに半年近くもの時間を要して理想値を示すようになります。このため鉄欠乏の治療は、ヘモグロビンの値ではなく、血清フェリチン値が理想値に正常化したかどうかで終了とみなします。
ただし有経女性、妊婦、成長が著しい第二次性徴期(児童〜青春期)は鉄欠乏になりやすく、定期的なフェリチン検査が望ましいと考えます。
 
 

『自宅でフェリチン検査!』血液検査キット

リ・スタートの『自宅でフェリチン検査!』血液検査キットでは、自宅で鉄欠乏の状態を調べることができ、健康管理につなげることができます。鉄分が体内に足りていないことに対して、危機感を持つことがなかなかできず、鉄欠乏などの症状があっても、それらの症状をつい放置してしまう人は少なくありません。
鉄不足による身体の不調は様々なことが挙げられます。気分のイライラや肩こり、集中力の低下、不眠や便秘なども鉄欠乏によって引き起こされている可能性もあるでしょう。フェリチンを含む鉄欠乏推定検査を行い、自分自身の健康管理をきちんと行っていくことが大切です。

鉄欠乏の症状が見られる場合、血液検査でフェリチン値を調べればチェックすることが可能であり、結果として身体の不調の予防につながります。そのためにはまず基準値・理想値を知り、貧血と鉄欠乏の診断や治療の方法についても理解を深めておきましょう。鉄欠乏によるリスクは放置することなく、血液検査でフェリチン値などを定期的に確認して健康管理につなげていくことをおすすめします。
リ・スタート『自宅でフェリチン検査!』血液検査キットなら、自宅で気軽にフェリチン血液検査ができます。オプションで国家資格を持つ医療従事者への栄養相談も可能です。まずはお気軽に検査キットをご利用ください。
 
 

身体や心の不調はまず鉄不足を疑い、それにはフェリチン検査が有効です

自宅でフェリチン検査!  安心の予備採血管と採血パーツ付き検査キット販売開始!!

✔️ 自宅で採血し郵送するだけ、予備品付きで安心!
✔️ 健康診断項目には通常ない「フェリチン」と「CRP」を検査!
✔️ 12項目の検査から血液栄養解析!
鉄欠乏推定・タンパク質代謝推定・ALPによる亜鉛欠乏推定の解説付き

希望小売価格    12,940円(税送料込14,234円)
オンライン一般価価格12,500円(税送料込13,750円)
オンライン一会員価格12,050円(税送料込13,255円)

ココロと身体の健康管理
女性・妊活女性・妊産婦・子供〜高齢者・健康経営・アスリートに最適です。

検査項目は鉄関係2項目と生化学10項目です。
鉄関係:血清フェリチン、血清鉄 (Fe) 生化学:AST (GOT)、ALT (GPT)、ALP、CRP、γ-GTP、中性脂肪 (TG)、総コレステロール、尿素窒素 (BUN)、尿酸 (UA)、アルブミン (Alb)

※   FAQは必ずお読みください
※※ 採血後の検体は同封のJPのチルドゆうパックで返送します。詳細は使い方・ビデオから「ご利用の注意」をご覧ください。なお手配と費用はお客様にてご負担となります。

コラム一覧