メンタルヘルスの原因
うつ・パニック障害の原因となる鉄・タンパク欠乏を検査する方法

能登地震 妊産婦応援 無償

石川県の、災害時の母と子の健康について > いしかわ妊娠相談事業 を支援します

鉄とタンパク不足が推定できます。妊産婦に鉄とタンパク検査をおすすめるる背景はこちらを。

対象は石川県、近隣県の令和能登半島地震で被災されました方並びに妊産婦の方々となります。

女性に多い鉄の摂取不足によるメンタルヘルス!
うつ・パニック障害の要因に

身体の中で何が起きているのか見てみましょう

体を構成する成分はおなじみのタンパク質、脂質、糖質、その他有機物と無機物ですが、これら有機物の分子を構成する原子はH、C、O、N(水素、炭素、酸素、窒素)となります。   生命を維持する活動は生化学で成り立ちます。一つは、同化と呼ばれる物質を生成する代謝です。生化学反応で基質(元の単純物質)を基に酵素反応を連鎖的に起こし、様々な目的の高度で複雑な生成物を作ることです。この反応を何処でどう作るかは全身の細胞内にあるDNAに書かれており、DNAを紐解いて作られます。

うつパニック障害は鉄不足であった

 

料金値下げしました!

ココロと体の不調回復を目指す分子栄養医学による 「血液栄養解析」、さらにお手軽価格になります!

標準検査キット 特別会員価格 - 6,330円 (税込6,963円、送料無料)
標準検査キット 一般価格 - 7,200円 (税込7,920円、送料無料)

身体は食べたものが身体になります。

例えば摂食したタンパク質は消化でバラバラに分解吸収され、H・C・O・N で構成され基質となる低分子構造のアミノ酸になります。人間が必要とするアミノ酸は20種類です。これら各種アミノ酸を酵素反応で次々に別のアミノ酸に変化させタンパクの代謝は進み、最終的には食べたタンパクから身体のタンパクを形成します。   酵素反応とは化学反応であり、アミノ酸を変化させるためには触媒となる補酵素と補因子が不可欠となります。 補酵素とはビタミンなどであり、基本のアミノ酸に組み込まれ次の変化させたアミノ酸の基本となります。補因子とは酵素反応を促進する微量金属元素のことで、酸化還元という物質を変化させる作用があり次のアミノ酸を完成させます。 これらビタミンや微量金属元素を含むミネラルは栄養素の位置付けで、これら無くしては酵素反応は成り立ちません。
 
脳内神経伝達物質 うつパニック障害は鉄不足だった

 

摂食にて体内で吸収または生成された20種類の基本アミノ酸は血液で全身に送られ、各種栄養素との酵素反応により10万種類ものタンパク質を合成し身体の各部の細胞や物質を形成します。

例えば肌のコラーゲンを作り出すに必要になる栄養素はタンパクで、基質のアミノ酸とその酵素反応の過程で必要となる補酵素のビタミンC、補因子として働く微量金属元素の鉄です。 肌の弾力を出すにはコラーゲン間をつなぐエラスチンが必要で、更にビタミンAも必要となります。 (因みにコラーゲンは高分子なので塗っても食べてもそのまま肌のコラーゲンにはなりません。そもそも角質より下の層に浸透させるには薬機法で規制され、たとえもし浸透できたとしても肌のコラーゲンは高度で複雑な細胞構造で生成されるため、そのまま置き換えにはなり得ません。食べたコラーゲンは消化されてアミノ酸に分解されるだけで、胃腸が弱い場合は残念ながら消化されず排泄機能で体から出るだけです。。)
 

 

メンタルは脳内の生化学反応の現れです。

脳に運ばれた基質のアミノ酸を次々に酵素反応させ、脳細胞間をつなぐシナプスへ供給される脳神経伝達物質生成が深く関係します。医学界でも認識されている、ご存知のドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン、メラトニン、GABAなどです。   これら各物質生成のアンバランスが精神的な疾患の原因となると解析されています。   医療的には、神経伝達物質生成の促進や抑制させる効果があると報告されている抗精神薬の投与で、症状の緩和や寛解を目指すものです。

うつパニック障害は鉄不足であった

 

メンタルヘルス不調になりやすい女性

女性の中でも、特に重度の鉄欠乏に陥りやすいのは以下のようなことに該当する方です。
  全般的に食が細い
コンビニ弁当やカップラーメンなどを比較的日常的に食べる
甘いものや炭水化物の割合が多い食事
肉食を意図的に制限をしている、タンパク質摂取が低い
生理での出血量が多い
妊娠している 激しいスポーツを積極的にする

メンタルヘルス スポーツ貧血 フェリチン検査

 

このようなタイプの方は特に体内で鉄欠乏とタンパク欠乏傾向にあり、鉄欠乏症の身体の不調が日常的に頻発するといわれ、ビタミンB群欠乏が重なるとメンタルヘルス不調として精神症を発症します。たくさんスポーツをする人が鉄不足に陥りやすいのは、発汗することで鉄分が体外に排出されやすいためです。また、筋肉を蓄えるためにも多くの鉄分を必要とすること、激しい運動で赤血球が壊れるのも理由として考えられます。
そしてこのときフェリチン検査を実施しておくと、実際にどれだけ鉄欠乏が著しいのかチェックすることができます。

 
 

身体や心の不調はまず鉄不足を疑い、それにはフェリチン検査が有効です

標準検査キット価格改定(値下げ)しました!

自宅でフェリチン検査!(標準検査キット)分子栄養学的解説付き
オンライン一般価格:7,200円 (税込7,920円、送料無料)
オンライン会員キャンペーン価格:6,330円 (税込6,963円、送料無料)

推定検査項目は鉄関係2項目と生活習慣12項目です。

鉄関係:血清フェリチン、血清鉄 (Fe)
生化学:AST (GOT)、ALT (GPT)、γ-GTP、中性脂肪 (TG)、総コレステロール、LDLコレステロール (悪玉コレステロール)、HDLコレステロール (善玉コレステロール)、尿素窒素 (BUN)、クレアチニン (Cr)、尿酸 (UA)、総タンパク (TP)、アルブミン (Alb)

コラム一覧