妊娠中の鉄分はいつ必要?
おすすめの摂取量や鉄分不足を解消するメニューもご紹介

能登地震 妊産婦応援 無償

石川県の、災害時の母と子の健康について > いしかわ妊娠相談事業 を支援します

鉄とタンパク不足が推定できます。妊産婦に鉄とタンパク検査をおすすめるる背景はこちらを。

対象は石川県、近隣県の令和能登半島地震で被災されました方並びに妊産婦の方々となります。

妊娠初期に鉄分は最重要!
妊娠中の鉄分把握はいつ必要?

妊娠中の鉄欠乏は妊婦さんにとって非常に注意したいポイントの一つです。鉄分は赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素になり、母体の健康にももちろん重要な役割を果たします。妊娠中に鉄欠乏による貧血になると産後うつになる可能性が大きくなります。
事前にフェリチン値を知り、鉄分を多くとれる食事メニューを知っておくことが必要です。こちらでは、鉄分がいつ必要になるのかというポイントや摂取量、妊婦さんにおすすめのメニューをご紹介します。

アスリート スポーツ貧血 フェリチン検査

 

妊娠する前に鉄欠乏検査を!

妊娠予定の半年前にはフェリチンを測る必要があります。 鉄欠乏は自覚症状が少ない、または体が慣れてしまい鉄欠乏との認識がない場合が多くあります。   そもそも重度の鉄欠乏では妊娠はしません。 また妊娠しても流産の可能性が高くなります。従い妊娠する前に血清フェリチン値を理想値である50〜80μg/dlに上げておく必要があります。 欧米では血清フェリチン値を測るのは必須で、血清フェリチン値が50μg/dl以下の場合は妊娠は推奨されません。

鉄分の摂取方法について悩む妊娠中の女性

 

料金値下げしました!

ココロと体の不調回復を目指す分子栄養医学による 「血液栄養解析」、さらにお手軽価格になります!

標準検査キット 特別会員価格 - 6,330円 (税込6,963円、送料無料)
標準検査キット 一般価格 - 7,200円 (税込7,920円、送料無料)

妊娠中に鉄が必要となるタイミング

鉄は、体中で酸素を運ぶ役割を担うヘモグロビンの生成に不可欠な栄養素です。そのため赤ちゃんの発育の際にも、非常に重要な役割を果たしているのが特徴となります。 妊娠中においては、赤ちゃんがしっかりと成長する妊娠中期以降のタイミングで、特に鉄分が必要とされます。臍帯と胎盤に鉄分をたくさん蓄えるのに必要だったり、赤ちゃんの成長に伴って血液の循環も盛んになったりすることから、妊娠中~後期は、たくさんの鉄分を赤ちゃんに送るようになるのです。 ちなみに鉄分が重要となるのは、もちろん産後も同じです。赤ちゃんは母乳から鉄を吸収するため、産後も鉄分が不足しないよう、鉄分の多い食べ物を積極的に摂取していく必要があるといえるでしょう。
そのためには鉄欠乏検査である、血清フェリチン検査は妊娠する半年前までには行い、鉄欠乏が見られる場合は、半年をかけて理想値まで上げることです。

妊娠中に鉄分が不足して鉄欠乏や貧血にならないためには、普段から鉄分の摂取に注意することが必要です。推奨されている妊娠後期の鉄分摂取量は、21.5mgとなります。ヘモグロビンの濃度低下につながらないよう、レバー、赤肉、大豆、ほうれん草、木綿豆腐など豊富に鉄分を含む食べ物を食べて、貧血対策をしていきましょう。 特にレバーや赤肉などに含まれる動物性の鉄分である「ヘム鉄」は、身体へ吸収されやすい鉄という特徴があります。妊娠中の鉄分不足を補うメニューを考える際は、ヘム鉄と非ヘム鉄の違いも参考にしましょう。
 
 

鉄分不足の妊婦さんにおすすめのメニュー

妊娠中の鉄不足が著しいという妊婦さんは、鉄不足を補うのに高い効果が期待できるおすすめメニューをあらかじめチェックしておくことが大切です。鉄分がより必要となるタイミングは妊娠中~後期なので、妊娠中期を迎えて貧血にならないために、どのようなメニューがおすすめなのか見ておきましょう。

鉄分不足の妊婦さんにおすすめのほうれん草のお浸し

 

妊娠中に鉄分不足に陥らないためには、半年前には血液検査で血清フェリチン値を把握しておくことです

妊娠後も鉄分不足に悩まされないためにも、そして元気な赤ちゃんを産むためにも、以下のようなメニューで鉄分をたくさん補うことが望ましいでしょう。
ほうれん草のお浸し
ひじきと大豆の煮物
ささみとひじきのサラダ
切り干し大根と牛肉の野菜炒め
しじみのみそ汁
妊娠中に身体の中で鉄分が少なくなるとヘモグロビン濃度が薄くなるため、酸素が十分に身体に行き渡らなくなります。結果として、ふらつきやめまい、疲労、だるさなどの症状につながり、お腹の赤ちゃんにも悪影響が及ぶ可能性があるのです。
妊娠中に鉄分不足にはよく注意を払い、鉄分不足が引き起こすリスクを理解した上で、食事で積極的に鉄分摂取をしていきましょう。

  女性の鉄欠乏課題
 
 

妊娠中の鉄分摂取不足を避けよう!自宅でフェリチン検査・健康相談が可能です

妊娠中は鉄分摂取不足につながりやすい傾向にあります。赤ちゃんの成長において、鉄分は欠かせない栄養素となるからです。鉄分が特に必要なタイミングは、妊娠中期以降です。この時期は鉄不足に陥らないためにも、事前に血清フェリチョンを測り、また鉄分を豊富に摂取できるおすすめメニュー・レシピを詳しく知っておき、普段の食事からも鉄分不足にならないように心がけましょう。
リ・スタート貧血・鉄欠乏ナビでは、自宅でフェリチン検査ができる検査キットを提供しております。わずかな採血で判定でき、再採血は何度でも可能です。オプションで国家資格を持つ医療専門家による栄養相談も受けられます。妊娠中の栄養管理にぜひお役立てください。
 
 
検査キットはこちら

身体や心の不調はまず鉄不足を疑い、それにはフェリチン検査が有効です

標準検査キット価格改定(値下げ)しました!

自宅でフェリチン検査!(標準検査キット)分子栄養学的解説付き
オンライン一般価格:7,200円 (税込7,920円、送料無料)
オンライン会員キャンペーン価格:6,330円 (税込6,963円、送料無料)

推定検査項目は鉄関係2項目と生活習慣12項目です。

鉄関係:血清フェリチン、血清鉄 (Fe)
生化学:AST (GOT)、ALT (GPT)、γ-GTP、中性脂肪 (TG)、総コレステロール、LDLコレステロール (悪玉コレステロール)、HDLコレステロール (善玉コレステロール)、尿素窒素 (BUN)、クレアチニン (Cr)、尿酸 (UA)、総タンパク (TP)、アルブミン (Alb)

コラム一覧